茶会修行

rakusiantyakai.jpg 

今日は楽志庵の定例茶会。秋の始めの頃合いに、2日連続で水屋修行をさせて頂きました。今日は点前役を頂戴して・・・大先生の方々の前で緊張して、ガタガタと。なんとも修行のやり直しです。どちらかと云えば精神修行?。何とも油断・慢心でありました。ここ2ヶ月程、小生都合で花月稽古。別途、家でもやらんといけませんね。

う~ん。しかし柄杓の落ちやすい建水ってのは罪ですな。
落したワケではないけれど・・・精神衛生も非常に悪い。
「実用不足は点前を堕としてしまう」という事を実感しました。

昔にはトランペットソロなどもやっていた経験もあり、それなりに大丈夫という思いがあったのでガックリ。長いコト田舎に引っ込んでおりますからね。もうすっかりと空手形。


茶席には入れずに終わったのですが、濃茶席は無学和尚の円相、宗旦茶杓を中心に格調高い侘びの席。薄茶席は「水を掬いて月、掌に在り」との軸を中心に菊・月による秋の茶席。9月の茶会ではありますが、少し肌寒い気候。今年は何か、冬を感じさせる秋という感じがするのですが、如何でしょうか。台風も終わって、これから安定するのかなぁ?などと思いつつ。


もう10月。来週は青年部の茶会にて、こちらも水屋。再来週は信楽祭り。10月は茶会多くして、後半には窯焚きの予定。10月は陶芸も茶会も盛会でありますから、気合いを入れて頑張らないといけません。
論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。