秋の寒さ

う~ん。寒い。寒いぞ。

今日はコタツを出すかどうか悩むくらいなものでした。朝晩はかなり冷えるようになりまして、朝露が随分と深く大地を濡らす様に。毎年のことですが、秋が短いなぁ、と思います。東北などでは夏が終われば冬支度だそうですが、そういった感覚なのでしょうか。

ここ数日はボチボチと。粘土を造ったり、多少作品を造ったりという辺り。御蔭さまで台風の被害は僅少でありましたが、甲賀も随分な大雨でありましたから、昨日に台風一過して、今日が晴れ。終日、山水が流れておりました。雨が随分と降ったのでトユから滝の様に水が溢れていて、大壺が動かせる状態になっていたから良かったものの、危うく壊滅するトコでありました。しかしやはり、家に依っては水によって倒木があった場所もある様で。

今年は色々と天候が不順である様子。畑の作物1つとってみても、随分と収穫は鈍く、変動があります。去年は暑かったんですよね。地震やら台風やら大雨やら、まぁ色々とありますが、永い目で見ればこういった事はあるものでしょう。テレビを見ていると「観測史上最高の云々」ということを聞きますが、せいぜい50年ほどの歴史でありますから、そりゃまぁ、50年計測したくらいで百年後まで予測出来るわけも無く。温暖化1つにしたって、さて今一つ予測値は微妙らしいですが、門外漢なのでクダラナイ妄言は止めておきます。

と、今日も微妙にネタが無い一日でありました。


明日は玉葱を植えるかな。

信楽焼祭りの頃には、今年は随分と寒くなっていそうな予感です。
論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。