「中国文明論集」より、陶磁史の視点 第四回

itisada.jpg 

第四回は簡潔に。ってか、一度書いた記事が消えたのですよ。

東洋史論:「中国の歴史思想」より抜粋・雑感。
(※元本は宮崎氏の東洋史論文集です。)

>
歴史をかに理解すべきかという問題は、歴史学の専門家と非専門家とではその受取り方がちがう。というのは、一般の人にとっては歴史事実は始めからそこにあった自明なもの、与えられたものとして、それをどう理解するかだけが問題なのであるが、歴史の専門家にとってはそうはいかない。歴史学者にあってはまず自分で史料から歴史事実を汲みとり、造りあげることから取りかからねばならぬのである。

儒教のいうところによる、と周が殷に替った革命の際には、平和的手段によってのではなく、凄まじい戦争によってであった。(・・・)ところが現在ある『書経』のこの部分、及びその他のある部分は、孟子時代の『書経』ではなく、遥かに後世、晋代の偽作であることが、清朝の考証学者[エンジャクキョ]によって証明された。(・・・)儒家が解釈するような、聖君の武王と無道な紂王との対決だという結論は怪しくなり、単に武力においてすぐれた周が、先進国の殷に打ち勝っただけの話になってしまう。
>

考証の作法として、歴史学ほどに整ったモノはないのではなかろうか。誤まった情報や、誇張表現に溢れた現代においても、その良心を柱として学問を積み重ねるものである。例えば利休の『南方録』が、江戸中期頃の偽作であることなどが付きとめられているし、利休好み、利休所持というようなものが気儘に増加されていることなどが知られる様になったのは、歴史学者の成果である。こういった作法は、中国の史官、つまり歴史を忠実に書き遺すという官僚であり、最も清廉な官僚が執った仕事の作法。茶道のみならず、あらゆるものに於いて大いに参考にされるべきであろう。

陶芸に於いても、桃山技法の再現などに於いては、常識的とされている手法が多くある。しかしその実、当時の薪事情としても赤松の生息環境、材木の用途、伐採権の存在など、考証を積んでいくと多種の知識が必要なのだが、例えば芸術評論家や陶芸家など、中途半端な読みかじりの知識で議論を行う姿が見受けられ、果ては書籍となっていることさえ珍しくは無い。本当にその調合であろうか、さてどうだろうか。必ず、原典史料に帰って、自分で組み立てるという作業を癖にしてみるべきだろう。史料というのは、書籍、実経験はもとより、陶片や伝世品なども含まれる。

その際には、「専門家」として、書籍の信頼性、また陶片の信頼性、伝世品ならば、その信頼性までも調べるべきで、怪しいものを混ぜ込んで理論を組み立てた場合、全くその理論は使えないどころか、誤まった方式を導くこともある。確認を怠ったことによる好例が永仁の壷事件であろう。今や骨董にしても伝世と云われるものにしても、偽物が非常に横行している。現代の偽作もあるし、江戸時代の偽作もあろうことは、利休神話を見れば当然に疑うべきものである。

本当に信頼出来るもの。確実な史料だけを抽出すれば、全く変わった視点が得られることもある。そこに忠実に在らんとすれば、全く別に手法になることもあろうし、云われてきた手法と同じ事もあろう。そういった作業を、自分で組み立てて検証するというのは、工芸家にとっても決して、負の財産ではなく、見に付いた経験・知識・教養となるのではないだろうか。

以上、今日は1つだけ。
論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。