秋の御稽古

今日は茶道の稽古。なんだか台風が来ているらしい?ということで、久しぶりの雨。着物も何だか久しぶりという感がありましたが、九月もあっという間ですね。一応、月末方に水屋入が二つありまして、今月は三件の茶会になります。秋らしく茶会の機会が増えて参りました。来月に窯を焚く予定であったものの、信楽焼祭りと窯焚きと、茶会と、もう何が何やらという感じで、何とか窯焚きの日程を死守しております。

と・・・、慌てても暇が出来るわけではないので。

今日は花月稽古。茶碗飾りを、本当に久しぶりにさせて頂いた他、基本の花月を様々に。重茶碗の客稽古もつけて頂いて、茶会の客振りを改めて指導頂きました。どうしても、男性は茶会で上座になるもので、まぁ若輩なので比較的固辞することは楽でありますが、正客は固辞出来ても、次客辺りを頂戴する場合は多いのです。

その他大勢の中に入って見ていると気付くのですが、正客・次客辺りの動作というのは、殆ど全員が、見るともなしに見ていますから、あんまり不調法な事をしてしまうと、茶会を台無しにしてしまいます。御茶を飲んだら、飲んだ後の表情など、まぁ見ていますよね。嫌そうに正客を引き受けて、偉そうなシカメッ面で飲んでいたら・・・まぁ見ている全員が嫌な気分になるものです。時々、無いことも無い様な気がします。別に高尚なものでもなく、一般的な社交儀礼の範囲ですが、ともすれば簡単なことが難しい。


あと今日は多少、茶碗の指導を頂いて。粉引と鉄釉。井戸形について、「高台が僅かに広いなぁ」という事を仰って、まぁ嬉しかったです。会心の茶碗はまだ焼いていないので、形に於いては並品のものを持って云ったもので、実際、造る側としも高台が1㎜、それに伴って高台脇が1㎜という辺りで不足があるもの。しかしまぁ、ソレを指摘出来る方というのが、それも作陶者で無い人が、となれば、とても難しい事なのです。頭の中と手の頃に、井戸の比率を納めていないと難しい。実物を多く手に取ってこそ、かもしれません。


まぁボチボチ。そろそろ仕事へ行かにゃぁならんので、この辺りで。
論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。