茶花修行?

まぁ・・・花入を造るからには、茶花に在る程度精通する必要がある・・・わけですが・・・。女性茶人の方々は驚くほどに豊富な知識を持って居られるわけですが、なかなかに男性は焼物などに目が行って後回しにしてしまい勝ち・・・?という様な声が「内側から」聞こえて来るような気がする小生です。

komatunagi.jpg 

一応は努力しているのですよ、一応は。

今の住居に越してきて、山野草の方がおいでになった折に、「これは”駒繋ぎ”というものだから、草と一緒に刈らずに残しておくといいよ」などと云われ、随分と大きく育ってきましたか。越してきた際に”コデマリ”が綺麗に咲いていたので、最初に親しみを持って覚えたのがコデマリ、育てる意識を持ったのが”駒ツナギ”と”釣鐘ニンジン”です。岡山の高島屋で仕事をした際に西王母を分けて頂いて、今年は二輪程咲きました。

駒ツナギは文字通り、「馬を繋ぐ柱」の事です。いかにも武士が名付けた名前ですが、とても小さく可愛らしい花です。槍の穂先みたいに格好は好いのですが、武士が愛でるにはチト小さい様な。

んで・・・今日は今年の投資として茶花を増やすべく。まぁ申し訳程度ですが、500円程の小さな苗だと思っていたら、百円均一宜しく、そこそこに買い込んでしまいました。

まぁ、よ~わからんので適当です。素人のやることです。

・白花笹リンドウ、大紫リンドウ・・・漢字で「竜胆」。格好いい・・・というトコもあるやもしれませんが、秋の茶花という事で、秋に活躍の多い侘び花入を考えての選択。

・鳥足升麻・・・なんか頭に残ってた名前。とりあえず咲いているやつを買って来ました。

・黒松・赤松・・・小さい苗で安かった。コラコラ、薪にはしないぞ!

・土佐の暁・・・アジサイの一種です。今に咲いてる。アジサイが欲しかったので。
yamaajisai.jpg 拝借画像。こんな風に咲くといいなぁ・・・。


と、こういったトコです。素人の植え付けなので、いくつ生き残るかも不明でありますな。器で学んだものですが、やはり基本的には自分で手間と金銭を掛けて行かなければ覚えるのは遅い。茶会で花の名前をメモしても、まったく翌年にはもう一度聞き直しているものですから、無為の修行をやっている事になります。咲くのが翌年になってしまっても、いいなぁ、と思ったものを積極的に育てたい・・・・ものですな。

そうそう。

itumonomiti.jpg 

帰りに、いつもの様に小道を走って居ると・・・

suginoniwa.jpg kohiippuku.jpg

なかなか素敵な喫茶店がありました。4月に開店されたそうです。水曜定休ですが、滋賀には珍しく朝八時からのモーニングなどもやっておられます。嫁さんは名古屋系なので「モーニングマニア」なのですよ。杉木立の中、本当に静かな場所で、ウチの自宅とか工房よりも山奥、と云えば、拙宅に御来訪頂いた方は驚くのではないでしょうか。とてもゆっくりする事が出来ます。住所としては信楽神山で、「五位の木窯」の在った道、即ち伊賀と信楽が伐採権を争って土地区分が入り組んでいるトコです。(何と云うマニアックな説明・・・。)

裏道を通る時に使うので、また機会があれば寄って見たいもの。美味しいランチを提供してくれる店って、信楽にはとても少ないのです。少し辺鄙な場所ですが、伊賀~信楽の中間点から山に入っていく処。珈琲も美味しく、値段も良心的。 少なくとも「いかにも好い器が出てきそうな店名であるにも関わらず入って見たら”狸形の珈琲カップ”が出てきて”ゲンナリ”」という事はありません。(ゲンナリした事がある人は分かってくれる筈だ!)

で、店の名前は[森のcafe]というトコです。元々が避暑地的な信楽の中でも涼しく、競走馬用の牧場に隣接していて、簡単に云えば「北海道並みの気候」という事を示しています。夏でも屋外で楽しめる事でしょう。

とても気分の好い時間を過ごさせて頂いたので、ちょっと宣伝まで。伊賀・信楽観光の休憩・昼食にオススメです。「丸十」の看板を入っていく道にて、この店の場所まで太く新しい道路が建設されてます。細い道を抜けて行くと、信楽から小生の工房方面へと抜ける裏道になっています。

でわでわ。

岡倉天心「茶の本」に見る思想1 「はしがき」より

冒頭に岡倉天心の弟君が寄せた文が掲載されている。天心の性情について書かれているので参照しておきたい。

>
たやすく郷党に容れられ、広く同胞に理解されるには、兄の性行には狷介味があまりに多かった。画一平板な習俗を懸命に追うてただすら他人の批評に気をかねる常道の人々からは、とかく険峻な隘路を好んでたどるものと危ぶまれ、生まれ持った直情径行の気分はまた少なからず誤解の種をまいてついには有司にさえ疑惧の眼を見はらしめるに至った兄は、いまあらのように天地の広さを思い祖国のために尽くす新しき道に想到したのであった。
>

狷介味が強かったとされる人物。序文には手放しの称賛が行われるのが常であるが、冒頭の文として慎重に選択された言葉である事には留意が必要だろう。訳書の出版時は1927年。論壇の盛んな時代背景もあるだろうか。ともかく、「片意地が強くて妥協を許さず、他人と強調せずにこれを遠ざけ、人の云う事を聞き入れない人物。」そういった人物として郷里から見られていた。直情のままに突き進む人物。交遊の深かったフェノロサとも晩年には距離を取っており、とかく孤高であった事を感じさせる。

もちろん。この評価を即ち「正しい」として受け取ることは難しい。数多くの名言が示してきた様に、本物の人物というものは多く誤解され、称えられし正義は少なからず敬遠され、ともすれば孤高に陥る事が多いもの。君子豹変す。大義を為す者は、その孤高と引き換えに偉業を為す側面がある。彼の言葉に意味が無ければこれほどに取り上げられる事は無かっただろう。事実と言葉を天秤に掛け、冷静に言葉を受け取っていきたい。

>
外国の文字でつづられてあるというゆえをもって、自国の者がその存在をさえ知らずにいることを遺憾に思って、洋々塾の村岡博氏が、原文の一字一句をもゆるがせにすることなく多大の労苦を物ともせずに、章一章克明に日本語に写して塾の雑誌『亡羊』に、昭和の二年(1927)四月の創刊号から前後十号にわたって掲載し、翻訳者としての最善を尽くし、昨年八月ついに業をおえられたのである。
>

本書が訳された経緯。先んじてドイツ語、フランス語に訳されて広く西欧諸国で読まれて後の事で、アメリカで出版されて後、半世紀の時間を経ている。現代の日本にもまた、「異国の評価を以て」という例が少なくは無い。例えば「日本陶磁器の種類豊富で大衆の日常に用いる食器が華麗である事」は過去より驚嘆されてきた文化であるが、こういったものも捨て去られて「白い器」を持て囃す「研究家」なる者が居て、追随する者、また料理研究家が「モダン」な器をデザインしたり、何とも滑稽な事である。その他、茶道や禅というものを高く評価するのも西洋諸国であるし、焼物の種別としても伊賀信楽の素朴なる自然美を高く評価してくれているのも西洋諸国である。和食と呼ばれる料理群に関しても同じこと。日本は茶道や信楽や懐石というようなものを、「古臭い」という建前で以て「触れるも恐ろしきが如く」に扱う癖があると聞き及ぶ。理解してからこれを批判するのではなく、無理解であるにも関わらず「イメージ」で批判するというのは、全く「ブランド信仰」にも見られる日本人の特質である。数千年の古くより「あるべからず」と批判されてきた「軽薄な判断方法」を、未だに我々は未だに有している。

岡倉天心もまた、日本からは「触れるも恐ろしきが如く」に扱われた人物と言えるだろう。その著作を訳した人物もまた、本当の処を知る人物か。

次回以降、本文に入ります。
論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。