台風一過?

台風が過ぎて一時間くらいは晴れていたのですが・・・。相変わらずの曇天続き。

最近はチト、茶道の資金源に困ってきたので。販売の仕事を増やしたいとは思いつつ、手元に品物が無いのだから仕方がない。資金繰りが厳しいです。モノが無ければ個展の営業も出来ませんから。

最近はツィッターで遊んでいる?時間が少し多いです。なかなか、ブログなどは違って素の人間性が感じられるという側面があるので、虚飾が無いだけに楽しいものですね。(いかにも「始めたばかりの人」の感想です。)意外に感じた事では、茶道をやっている男性。少ない、少ないと聞きつつ、ツィッター上では意外に多い感を抱いております。

基本的にはやはり、何らかの主張がある人が多いのでしょうか。肩書なども関係無く、専門家の方が色々と知識なりを教えて下さるのは勉強になります。あぁもちろん、すっかり飽きてしまった方々も大勢居られるので様々ですよ。世代的に若いという事から、「正義」を主張する様な面もある様で、そういった面が震災支援なりの原動力にもなったりしたのでしょう。(と、今更感のある分析を書いてみました。)

reiketukan.jpg 

seiginoimi.jpg seiginoimi2.jpg
 
世間的には「青臭い」というか。そういった世評になっても仕方がない側面も。対義語としては「老練」という事になりましょうか。フェイスブックの方は外国の方が多いのでまた別。

seiginoimi3.jpg

色々やってみるものだなぁ、と思いました。 
論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。