• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

しきたり

さて。ここ数日では昨日が朝から地元新年会。おそらくは元々、各戸の家主が紋付袴で会食をした風習の名残であろうかと思います。それこそ紋付袴というもの自体、現代では一種のコスプレと云いますか、若い世代の感覚から云わせて頂くと、一種「結婚式で着てみたい」というような、元来そうであっただろう、「家紋を背負って振る舞う」というような性質からは無縁のものになりつつあろうかと思います。時節柄ですが、成人式で「紋付」を背負って暴れるというのは、それこそ端的に現代の「家紋」の扱いを示しているのかもしれません。

茶会が紋付礼装を旨とする際も、やはり「家紋の有無」というものが区分となっているわけですが、実際には家紋というもの自体、特に知ることもなく。私自身も茶道を始めて、着物を始めて仕立てるに当たって、改めて確認して知ったような次第です。他の場所ですと・・・千両箱に付いていたり、嫁入り?道具の長持ちなどに金箔で押してあるのを見た覚えがありましょうか。年末の赤穂浪士では、何故なのか知らないのですが、大々的に家紋が刺繍されていますね。あそこまで行かなくても良いとは思うのですが。


余談はさておき。

地元新年会。在所13件の戸主が集まってのもの。私が入らせて頂いた4~5年程前は礼服での新年会でしたが、年々と服装についても緩くするようになってきて、今年は特に礼服で無くともOKというものに。特に葬式関係などもそうですし、家々持ち回りで行っていたようなものも全て公民館などを利用するようになって。これを「生活改善」と呼ぶそうで、つまりは「古くから行われてきた慣習を破棄する」ということを、一種美化といいますか、「世のため人のため」ということで、次々と推し進められています。ホンの数年前までは自宅での葬儀しか無かったものを、今は大半が葬祭場を使うようになって。何かの堰を切ったかのように、「しきたり」というものは一瞬で失われるのを不思議に思いながら見ています。自宅葬儀1つにしても、では葬儀の準備にせよ灯篭の配置から借りだし先から、分かっている人が居た様ですが、そういった世代が次々と亡くなっていくにつれ、「生活改善」という指標と、そもそも「しきたり」に意味を見出せない世代感覚とが相俟って、全く誰一人として、自宅葬儀というものが不可能になりつつある。

田舎では、そういった「生活改善」が次々と進められています。近い辺りでは正月の「おせち料理」を想像して頂くと近いかな。調べれば調理方法などは分かるのですが、その意味にせよ、有難味?にせよ、「一体なぜそれを食べるのか」と問われれば、正直私も知らないです。どこもかしこも、「雑煮」だけは皆さん美味しく召し上がっておられるかと思うのですが、ウチも全く変わりません。年賀状も年々と少なく、形式のものになりつつありますね。色々な「しきたり」が無くなっていく。中元とか歳暮を無くす。迷信などを排除する。

例えば。葬式の際に、粗供養として、田舎では抱えきれない程の品々を頂戴することになります。一日葬儀の手伝いをして、夕刻前からの会食に酔った足取りで持って帰るのは、正直危ないくらいの量です。これが何故に必要なのか?と思う人は多いでしょうし、同時に無くしてしまえば良いものを、と考える人も多いのでしょうか。意外にネットで調べても、大量の供養物を配布する理由は判然としないそうで、葬儀会社の人でさえ知らないという結果でしたが、以前、地元の和尚さんに聞いたものでは、文字通りの供養。「亡くなった方への供え物。あの世に居られる方々への供え物であり、来訪者への御礼などでは決して無い」という話を聞いて、「あぁ、なるほど」と感じ入ったものです。駄菓子のようなものが混じるのも、あの世への供養。「施餓鬼」という風習に似たあたりでしょうか。


「しきたり」。その意味を知らなければ、本当に何のためにやっているのか、誰のためのものなのか、サッパリ分かりませんね。いわゆる「知識」が無ければ分からないもの。感覚的に美味しい「雑煮」は残すけれども、感覚的に美味しいとは言い難い「それ以外のおせち料理」は「改善」してしまうというのは、うぅむ。一体全体、好き勝手にやっているだけの話ですね。仏教1つにしても、随分と信仰心の低い国ではありますが。供養1つにしても、その仏教的な意味を聞けば、自身の関わる葬儀で大量の供養を積む人が居ても、何ら不思議では無いような気がします。

「茶道」というものも、同じく一種の「しきたり」が多く存在します。一見して何の意味があるのか分からない所作の数々。意味が分からない初心の頃は必ず、「小面倒な所作は省略して、美味しい御茶だけ飲めば良いのでは?」と思ったりしてしまうものでしょうか。意味を聞いて初めて、「決して省略してはならないもの」である事を感じられる。楽茶碗1つにしてもそうですし、茶杓にしても、軸にしても、もちろん茶道具にしても。

良いと思うものは、良い。悪いと思うものは、悪い。

けれど、往々にして「無知に依る主観的な誤判断」に気付かないという落し穴があります。合成の誤謬なんていう言葉もありましたか。一人一人は決して間違えては居ないのだけれど、その積み重ねが大局を大きく間違わせる結果になる事がある。一人一人が利益を追求して、決して悪いことでは無いのだけれど、気が付くとそれが様々な伝統的なものを押し潰していく。本来、それを制御するのが政治。人々を経世済民する人。世を治め、民を整える人。別に政治家国会議員でなくとも、かつては高僧もまたそれを勤めていたし、また、それぞれの分野で上に立つ者が居る。そういった人々が、誤らない様に先導していく。それこそ10年や20年、100年の展望と共に。

残念ながら多くの工芸では、地位にある筈の人々は権力争いに明け暮れて。
また、地位を使って身内を優遇するだけの世界になっていて。


なかなか難しい世の中です。

破袋の思想。

今日は・・・

yabure_20120318181147.jpg
 

口作りの途中ですが。う~ん、正直今一つの出来。僅かに亀裂が入っていたので、明日の朝には「破れて無い袋」が「破れ袋」どころか「潰れ袋」になっている公算も高い。目を離した夜中くらいに「ドサッ」という音がするのだ。破袋は、割合に前回の出来が好かったものの、それはやはり炎で焼き潰したからこそ。成形時でその魅力を越えておかないと、日々の精進が悔しいことになる。

もう一回かなぁ・・・と思いつつ。一日の足止めは結構厳しい。気分を入れ替えたり、色々やってみる。袋形は少し触るだけで潰れてしまうので、大胆に勝負をすることも難しい。「ちょっと乾燥させて硬くなってからやればいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、そんなことで解決するなら御気楽なもんです。一つの器に全てに最高の条件を整える。御庭焼の品質というものでしょうか。

ちなみに「破袋」は二回以上の焼成が施されている。右側面の、口辺からザックリと縦に入った亀裂がそれを証明している。陶工しか知らぬ話だが、一度焼き抜かれた伊賀を、更にもう一回焼くと、あのような結果になることがある。全く同じ手の亀裂が入ったものを作ったこともある。非常に特徴的な切れ方だ。逆に少し怪しいのは、底部の亀裂。あれは底を抜くような衝撃があった場合の亀裂に近い。焼成の際の亀裂ではなく、一回目の焼成後、破損品として放置されていた可能性もあるだろうか。

それらを含めての魅力。それを、成形時点で放り込むというのは無理な話。だから、完全な写しが不可能という類の代表格が「破袋」というコトになる。県指定の無形文化財クラスでも、「御遊び的に破って焼いた」という作品を堂々と「写し」として製作しており、余程に精通していないとコレは難しい仕事である。加えての古伊賀独特の造形美。

造形に於いては、本歌の「破袋」は少し不満を感じる部分がある。ちょっと間延びしているのだ。ビードロが随分と華麗な色彩に上がっているけれど、やはり造作の難度が影響しているのか、古伊賀の陶工作として、今一つ大胆さに欠ける感がある。潰れていなかったら、更にどうだろう。弘法も筆の誤まりというか、一見、ちょっと簡単に付け入ることの出来る点に見えるのだが、実際に付け入ろうとしても、やはり袋形という造作の繊細さに邪魔をされてしまうから、困ったものである。作ってみると、本歌は口辺が大胆に作られていて、袋の破裂を伴うような危ない橋を渡っている。まぁ実際、最終的に破れたのだから、そういうことだ。しかしそれが、伊賀の核心的な特徴、心意気として後世に示されてきた。

要は危ない橋を渡ってこその伊賀というわけだ。
破れて悔いなし。逸品を求めて虎穴へと侵入する。

無難に作り上げて、あとからチョイチョイと、ナイフで亀裂を入れる。これは「破れて悔いなし」ではなく「破れていればいいんだろ?」というもの。ちょっと粘土が硬くなるまで待って仕上げる。そのような心意気も同じ。古伊賀の陶工と話をすることは出来ないだろう。古伊賀の造作は群を抜いて豊かなものだが、せせこましいコトをやっていては、その境地を踏むことは難しい。ただ単純に同じものを作っているのでは、「古人の跡」を求めるに終わり、つまり「アキレスと亀の逆理」であるが、「古人の求むる処」を求めてこそ、古伊賀に迫ることが出来ると考えている。

んで、意外と古伊賀は繊細に作られている。大胆かつ繊細。
精緻じゃないけどね。

と、そんな伊賀の話です。

理想と現実。

今日は日射しは温かく。ロクロというか紐作りですが、作業をしている縁台も、家の北西に背負う山の御蔭で影に入るのが早く、四時以降は寒風の中での御仕事。日射しのある時間帯から上着無しで仕事をしていたら、う~む、気付いたら凍える様な寒さでありました。もちろん、土を触る時は半袖なのですよ。

まぁ・・・今日は比較的不作。水指1、花入1という辺り。削り仕事が残っていたので工房で茶碗の削り。こちらは全滅。ロクロ挽きが悪くて、そもそも話にならぬ。ロクロが悪いものは、どう削っても好くならない。ロクロ成形⇒削り⇒焼成と、工程を経るほどに悪くなるのが一般的(※茶陶などに限った話)なので、ロクロが悪いものは煮ても焼いても食えぬ。どうもロクロ挽きを少し変えたのが不味かったらしい。失策失策。

最近は井戸形の向上を想っている時間も。少し数茶碗を挽いていたせいか、形が崩れている。大体、こういうものは自覚がないので始末に負えぬもの。基準となるものが無いと自分の立ち位置さえ誤認して、何か進歩したかの様に思い込んで、一人得々としてしまっていることがある。そういうものを見張ってくれるものが師というものか。茶碗に関しては水野師の茶碗で茶を点てる時など、毎度の反省である。自分の茶碗の至らぬ点が色々に見えて来る。原点に戻りつつ、再出発することになる。原点の反省を踏まえて、今一つロクロ挽きから見直してみようと試行錯誤した結果、まぁ失策したわけで。しかし失策の原因は分っているので、伊賀が終わったら改めて茶碗の時節にしようと考えている。

最近はまた目が肥えてきたのか、自分の作ったものが気に入らない。過去よりも好くなっていることは分るが、満足はならぬ。古伊賀に一歩なりとも近づいたことも感じるが、満足はならぬ。目を肥やすべくには肥料が必要だが、ちょっと古伊賀見物の肥料が利き過ぎたか。あまりに肥料が多いと意欲の減退に繋がってしまうこともある。一歩一歩の改善が大事であるが、そこには作る喜びも欲しいもの。意欲満々に理想が高いのも困ることがある。というか、窯焚きの予定は決まっているのだから、それまでに乾燥まで進めなければ困ったことになる。窯焚きに好適な時節は年に2回しか無いのだ。これも理想と現実の折り合いである。

仁義礼智信というもの。理想と現実の折り合い順序ってのがありますね。人助けを最優先、師の訓えを第二とし、礼儀をこれに後続させる。その上で善悪を論じ、虚実無き誠実な行動を行う。若者にありがちな「正義ばかりを振り回す」というものなどは「信」を最優先にしてしまって仁・義・礼を踏みにじる場合がある。また、「困っている人を見れば、師の訓えに背いてもこれを助ける」などなど、実例を想えば納得の多い、儒教の基礎中の基礎。

これを器で行くと・・・どうなるかなぁ・・・。と思いつつ。

仁は実用性でしょうか。次いで義は伝統技の尊重、礼は茶碗などの形式。美の好悪はこの次の話で、これを虚飾に惑わされることなく、誠実に行っていくもの。これら全てを兼ね備えているものが、名士ならぬ名品ということになりましょうか。織部などの意匠は「美も実用性の一種である」という辺り、少し美に偏ってはいるものの、しかし利休への敬意もあり、形式の範疇で行っていて、美に専一というものでは無い。利休道具の美はバランス好く、五つの折り合いが付けられているように感じます。遠州などは逆に、礼や美に偏っているような。まぁ、この偏りが一種の個性かもしれません。もちろん、五つ「兼ね備えて」こその器でありますから、どれも欠けてはならぬので・・・。

う~ん、なんか妙な話になってきた。止めましょうね。
これぞ形式主義の弊害。智者が智に溺れるの喩えの通り。
分析は、ただの分析。結果を見てからの理論でしかありません。

理論で茶碗が作れたり目が好くなるなら、まったく苦労など無いのですよ。

論者:近江の苔

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。かつて古伊賀が焼成された集落に近在。詳細はWeb・交通案内記事など。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。