• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

陶歴

筆者たる近江の苔・作家名:吉村祐の経歴を以下に。

1980:滋賀県に生まれる。家系は甲賀。
2006.04月:瀬戸・窯業訓練校に入校。信楽・神崎紫峰に出会う。
2006.09月~:裏千家・入野宗起氏に入門。
2006.12月~:瀬戸・天目作家水野富弘氏のロクロ指導を受ける。
2007.03月:瀬戸窯業訓練校卒。滋賀県に転居。
2007.05月:甲賀市甲南町磯尾に土地を借り、工房を築く。
2007.07月:窯名を臥翠窯とし、穴窯を築窯。
2007.09月:穴窯完成。自ら土を掘り出して作陶開始。
2007.10月:初窯焼成を実施。 以後、独自修行。
2009.05月:ヤナゲン百貨店(岐阜・大垣)
2009.07月:高島屋洛西店(京都)
2009.08月:裏千家特別参事・北野宗道氏に入門
2009.09月:西武春日井店(愛知)
2009.12月:福屋百貨店広島駅前店(広島)
2010.02月:ロビンソン百貨店本店(埼玉)
2010.04月:裏千家全国大会チャリティ展観へ推薦出品
2010.06月:朝日画廊企画G展(愛知・豊橋)
2010.07月:T's tea 夏の器展(滋賀・守山 トルコ青個展)
2010.07月:淡交会滋賀支部朝粥茶会・濃茶席にて伊賀水指
2010.08月:鳥取大丸 「全国職人展」に出展
2010.09月:岡山高島屋(岡山駅前)にて三人展
2010.10月:多賀大社献茶式にて伊賀花入 
 (※献茶式:家元を御迎えする県下最高格の茶会)
2010.11月:「茶亭 楽志庵」にて初個展。席主・北野宗道師
2011.01月:淡交会滋賀支部「初茶会」にて伊賀花入
2011.05月:淡交会青年部「藤棚茶会」にて土耳古青茶碗
2011.05月:近江神宮献茶式にて伊賀花入
2011.06月:楽志会(北野宗道師)にて伊賀花入
2011.07月:四日市近鉄「全国職人展」
2011.09月:淡交茶会記に掲載
2012.06月:楽志会(北野宗道師)にて伊賀水指
2012.09月:淡交会滋賀支部青年部50周年記念にて茶会委員長を勤めさせて頂く
2012.10月:多賀大社献茶式本席にて伊賀花入



・公募展への参加は意欲僅少です。

他:セトモノ祭り・信楽焼祭りの陶器祭りにも出店しております。

~茶道関係~
2009.9月 裏千家・北野宗道氏の門下として茶道を修行。
2009.12月 裏千家オーストラリア支部へ伊賀茶碗贈呈。
2010.3月 全国大会・チャリティ展観への推薦出品(裏千家特別参事・北野宗道先生より)
2010.7月 裏千家滋賀県支部・朝粥茶会・濃茶席にて伊賀水指。
2010.10月 滋賀県・多賀大社献茶式にて、伊賀花入。
2010.11月 北野宗道師 楽志庵茶会にて初個展。
2011.01月:淡交会滋賀支部「初茶会」にて伊賀花入
2011.05月:淡交会青年部「藤棚茶会」にて土耳古青茶碗
2011.05月:近江神宮献茶式協賛席(淡交会滋賀支部)にて伊賀花入
2011.06月:「楽志庵茶会」(北野宗道師)にて伊賀花入
2012.06月:「楽志庵茶会」(北野宗道師)にて伊賀水指
2012.09月:「楽志庵茶会」(北野宗道師)にて伊賀水指
2012.09月:淡交会滋賀支部青年部50周年記念茶会にて茶会委員長
2012.10月:多賀大社献茶式本席にて伊賀花入


その他、各種茶会・茶事にて御使用を頂いております。

古伊賀に倣い、自然釉の極みを求め、独力での穴窯修行です。
土を自ら掘り出し、薪を放り、桃山時代の原始制作を手法としております。


~影響・感銘を受けた方々~

陶芸の師:水野富弘氏(瀬戸天目)/ロクロの師であり、今も様々な面で指導を頂く。
茶道の師:北野宗道氏(茶人)/茶道の師。茶陶指導から精神修養まで御指導頂く。

以下時系列にて失礼を致します。
・神崎紫峰氏(伊賀・信楽)/2006.4月訪問。初期、最も影響を受けた陶工。
・谷本光生氏(伊賀)/2006.7月訪問。先人の跡で無く、求むる所を求めよ。
・故・坂田泥珠氏(萩)/2006.8月訪問。老齢の為、本人には会えず。作陶の姿勢。
・田原陶兵衛氏(萩)/2006.8月訪問。茶陶の精神を示して頂く。
・故・松山祐利氏(美濃)/2006.9月訪問。高潔な自然釉の世界。
・入野宗起先生(瀬戸裏千家)/2006.9月~3月。茶道の世界へ導いて頂いた。
・熊野九郎右衛門氏(越前)/2006.10月訪問。穴窯志野の世界。
・鈴木五郎氏(瀬戸)/2007.3月訪問。作陶の修行について教示頂く。
・神山清子氏(信楽)/2007~訪問。自然釉作家。焼成に関する助言を頂く。
・北野宗道・宗香先生(滋賀裏千家)/2009.8月~現在、門下として修行中。
・窯業訓練校恩師諸兄/2006。感謝。柏樹先生の世代です。二十歩先生御健在の時。

交通案内。

交通案内。 所在地:滋賀県甲賀市甲南町磯尾1303木村牧場内
★事前に非公開コメント、左下のフォームメールなどで御連絡下さい。★
★窯焚き中以外でも、自宅で制作している事もあり、不在時多いです。★
★自宅にて抹茶など点てる事がありますが、堅い作法無用に願います。★

①公共交通手段
JR草津線、甲南駅より”コミュニティバス西線”にて30分程度。
  〆出発時刻 7:25 9:15 10:55 12:55 15:05 16:00 の6本。
  ⇒明王寺口バス停にて下車。集落の右手(西)に見える牧場(白い建物)の一角。

バス停より  バス停から見た牧場の風景。
上磯尾交差点 ここを右折して田圃を一枚を過ぎると、左手に牧場入口です。
  〆帰り時刻は 7:52 9:42 11:22 13:27 15:37 16:32 の6本。
  ⇒同じく30分程度で甲南駅に到着します。

   (滋賀バスの交通案内)
    http://www.city.koka.shiga.jp/guide/traffic/bus/pdf/kn_kanjou.pdf


②車
<名神から南下する>
 ・第二名神甲南IC下車。伊賀方面へ。道なりに5分程度です。

磯尾口交差点
成田牧場を伊賀方面に右折→1つ目の磯尾口信号を右折。

上磯尾交差点
神社の交差点は素通りして、次の交差点を右折。

→牧場が見えてくるので、丘の小道を左折侵入下さい。
(牧場の中に工房があります。)

<名阪国道利用>
 ・名阪国道壬生野IC下車、北上して県境を越え、甲南フロンティアパークの看板で左折。更に甲南ヘラの池の旗印で左折、もしくは磯尾口信号(成田牧場)を左折して5分。

論者:近江の苔

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。かつて古伊賀が焼成された集落に近在。詳細はWeb・交通案内記事など。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。