• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

四十九日も終わって

DSC_1188.jpg DSC_1214.jpg
さて、すっかりと暑くなって。気づけば7月も初旬が終わろうとしています。
先日に、四十九日の法要が終わりました。七日参りに逮夜もあるという、
古い形での丁重な法要の風習も、もう見ることはないのかなぁ、と思います。

心労とも重なって、しばらく体調不良が続いておりましたので、
軽い仕事を中心に行動している日々です。まだ無理は出来ないようで。
まぁ仕方がありません。半日仕事を基本にしています。

atarasiikuruma.jpg

そうそう。車を買い替えることになり、中古ではありますが、
安全性能があるものを探して、乗り換えました。

もうかれこれ10年以上、15万Km程の走行距離でしたが、
全国の職人展から、私の陶芸歴と共に頑張ってくれた愛車
でありました。修理せねばならない箇所が一挙に増えてきて、
出費の方が大きくなる公算になりましたので、止む無く。
今回はエアコンが壊れて+原因不明の異音ありという話でした。

また、子供を乗せる事も多いので。軽バンは便利ではありますが、
安全という面では非常に脆弱なのは、気になっておりました。
といっても。まぁ家計的には非常に厳しいです。

今の子育てで一番大きな違いは、子供に係る手間と費用でしょうか。
「子供は放っておいてもいい。仕事優先」という人は少ないですね。
各方面、節約していくことになります。

DSC_1174.jpg

なぜってね。パソコンもやばいんです。元々、安物買いの不良品。
なんとかフォローしながら、対応しながらやってきたんですが。
ちょっとまた最近、エラーが頻発しているので。
何もしていなくてもなるし、突然になる。うん。アカンやつです。

数年に1度「なんか機械類がアレコレ同時に壊れて出費に泣く」
っていう現象があるんですが・・・・アルアル?ですか?

kyousitusakuhin_201907090433132cc.jpg

子供も大きくなってきたので、湯呑を新しくしました。
陶芸教室の作品も、大体はこんな感じで仕上げています。

幼稚園も行事が色々と。月に1~2回、金曜開催です。
嫁さんは休めないので、参観に発表会は私が行ってます。

自治会も色々あります。役員で先日は総会の議長を勤めたり。
夏祭りも、来週です。神事の神輿準備もあります。
そこらには、幼稚園の夏祭りもあり、それが終われば夏休み。

まぁ、とにかく慌ただしいので。休息も予定を組んでます。


平常の日々は、仕事ばかりして置き去りにしてきた家の整理を。
物置部屋の整理整頓。今で3部屋目に取り掛かってます。
最後には、過去作品が放り込んである、蔵の整理が待ってます。
他は裏山の整備。終わったら、工房の遺品など整理整頓。

こんなにも、足元が雑然としていたんだなぁ、と。
その場、その場で最低限の整理だけをして、走ってきた。
そんな自分の足跡を、改めて反省しています。

先日に親友が訪ねてきて、久しぶりに旧交を温めて過ごしました。
気兼ねなく、家で夕食を共にするような親友が2人ほど。

皆、苦労をしているんだなぁ、と。本当に。

自分のことを、精一杯やる。他のことは、それが出来てから。
それを、まずは実践したいと思います。

コメント

久しぶりに、こちらのブログを拝読したら、悲しみの中に居られる様子が綴られていて・・・どんなにかお辛いこととお察しします。ご自身の心もお疲れのようにお見受けします。私はつい先日、10年あまり携わった介護の山を下山したところです。途中いろいろな葛藤がありましたが、人は一度に一つの山しか登れないと思い、また、登った者にしか見えない景色があると言い聞かせて、やって参りました。どんなお辛い経験も必ずあなた様の糧になって、作品に反映される日がくると信じ、今はまずお子様から生きるパワーをもらって、穏やかに過ごして下さいね。
励ましのお言葉、ありがとうございます。そういったお言葉が、よく身に染みる日々を過ごさせております。感謝。

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

論者:吉村祐

吉村祐


〆真の茶陶を求め、忍びの里にて古伊賀を追う日々。1980年生。
陶工:吉村 祐 (ユウ)
窯場案内:伊賀丸柱から北へ10分、信楽から東へ20分程の山中。

記事内容の分類
過去の記事(月別)
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
来訪者数(2006.5~)
LINK
リンク
メール送信はこちら
・来窯時などに御使用下さりませ

御芳名:
貴アドレス:
本文の件名:
本文:

不在時・繁忙期などは返信が遅くなる事もあります。悪しからずご了承下さい。もちろん、迷惑メールは駄目ですよ。